ご覧いただきありがとうございます。

 当協会では、これから日本に訪れる多死社会に備え、保険外の訪問看護サービスを始めます。看護師の働き方も多様化しており、病院、施設、クリニック、訪問看護、健診、テレワーク、保険外、そして起業へ。中には看護職から離れてしまう人も少なくありませんが、当協会では「看護師で社会貢献」、さらに「健全な働き方」を目指しています。

 ご自宅での介護や看取りが急増する社会において、人の死に関わったことがないご家族がほとんどです。しかしながら少子高齢化により生産人口が減少し、介護しながら、あるいは子育ても行いながら、仕事を続ける人が圧倒的に増えていきます。そういった方々に自由な時間設定で看護サービスを利用していただくために、当協会では”ご家族”を含めた介護や看取りを行なっていく所存です。

 最近の介護相談では、医療も行政もご家族も精一杯対応されていますが手が回らず、不足の事態が生じ始めています。そして保険外訪問看護サービスが必須の役割として、地域包括支援センターやケアマネージャーに認識され始めています。多死社会はもう目の前まで来ているのです。

 研修には、より良い看取りを行うための精神的成長、卒業後もブラッシュアップするためのワークショップ、起業サポート、仲間とともに切磋琢磨するためのディスカッションなど「自分自身を高めるための学習」と「あなたを守るための仕組」があります。私らしく、そして真に社会のためになることを、安全に実現しましょう。

 

看取り対話師研修
看取り対話師協会

 

 

最新情報はこちらにご登録ください
メールマガジン「フリーランスナース時代」

 

 

 

PAGE TOP
PAGE TOP