死がお祝いになったらいいなぁと思う/代表より

ご覧くださりありがとうございます。

ご挨拶ページを更新しました。

 


看取り対話師協会会長 瀨野容子(せのようこ)
1967年4月生まれ
活動拠点:東京、大阪

“死がお祝いになったらいいなぁと思う”

「生きたよね!」「がんばったよね!」「お疲れさま!」と言ってあげられる看取りになったらいいなぁと思います。

ただ、口で言うのは簡単ですが、それではあまり意味がありません。心からそう思えるようになるには、過去のさまざまな感情を一つ一つ思い出し、肯定すること。人生をまるっと〇してあげる必要があります。

そして「ああ、私の人生これでよかった!」とご本人が感じ、またご家族も「ああ、私はこの人の子供でよかった!」「この家に生まれてよかった!」と感じること。そう、身体で感じることが大切です。

ただそれも、言葉で書くのは簡単ですが心で感じるのは難しく、唯一、他者との対話によって本心に気づき変換されていくものではないかと思います。

私のもとで数年間学んでくださっている女性が、お母さまのお看取りを終えたとき、私は思わず「おめでとう!」と言ってしまったことがあります。不謹慎かもしれませんが、お母さまはきっとご満悦だっただろうと確信に近いものがありました。その看護師は55歳ですが、先日「生きてきて一番幸せだった時間が親を看取ったときでした」と話してくれました。

看取り対話師は読んで字の如く、お話好きな看護師の集まりです。そしてその人の人生に〇をしていくことを信念として持っています。看護師の中でもとくに、人生をまるごと俯瞰する力を身につけた逸材です。

これから日本は、たくさんの命と向き合っていくことと思います。でもそれは悲しむための経験ではなく、そこから何か学び取り、新しい時代に進むための何かを見出す体験が待っているのだろうと思います。私たちの先を行く人たちは、私たちに何を教えようとしてくれているのでしょうか?皆さまと対話を重ね、共に未来に踏み出すことができれば嬉しく思います。

 
*************************************************

看取り対話師協会会長
一般社団法人日本ナースオーブ代表理事
瀨野容子(せのようこ)

ー 経歴 ー
看護師経験30年
マスタープロコミュニケーター
NLPマスタートレーナー
コミュニケーションスクール主任講師10年
性教育トレーナー育成講座担当講師5年
Wellnessナースビジネスプログラム主宰
看取り対話師研修主宰

 
ー 歩み ー

<2017年>
フリーランスナースの賢い歩き方開催(東京・大阪)
第1回ナースサミット開催(大阪)
日本ナースオーブ個人事業開業
心から看る介護と認知症お話会(東京・大阪・長野)
命の再定義トークセッション(大阪)

<2018年>
Wellnessナースビジネスプログラム1期開講(大阪)
第2回ナースサミット開催(東京)
家族死生観イベント開催(東京)

<2019年>
Wellnessナースビジネスプログラム2期開講(東京)
集中講座各種開講(東京・大阪)
神戸大学大学院保健学科法橋教授補佐

<2020年>
滋賀県看護協会主催/心から看る介護と認知症講座
しあわせ健康村コミュニティ設立(オンライン)
免疫力講座開催(オンライン)

<2021年>
Wellnessナースビジネスプログラム3期開講(東京)
第3回ナースサミット開催(ライブ配信)
日本看護管理者学会学術集会講演

<2022年>
より良い死に方情報誌「D-Wellness」発刊
看護雑誌「看護展望8月号」掲載
(看護のベンチャービジネスを創る挑戦者たち)
一般社団法人日本ナースオーブ設立
親のより良い看取り意見交換会ZOOM毎月開催

<2023年>
ウェルネス講座まつり主催
栃木県自動車振興会様にてウェルネス講座講演
看護師ライターTEAM執筆活動開始
法人設立会開催
看取り対話師研修開講
イオン幕張新都心にて保険外看護サービス講演
心から看る介護と認知症講演(オンライン)
プライマリーアシスト様にて産業保健師向け講演(オンライン)
看取り対話師協会設立

一般社団法人 日本ナースオーブH.P
Noteブログ

関連記事

  1. 原点回帰、魂を揺るがした病院での光景

  2. 自宅で最期を迎えるということ

  3. 「おめでとう!」と言える親の看取り

  4. 余命告知を受けたときの心の置きどころ

  5. 看護師の記憶に残る入院患者の最期/家族の受容

PAGE TOP
PAGE TOP