大いなる巡りに気づこう/心理プログラムOneness③

Onenessの単元に入り、講座の内容は五次元へと上昇しています。
お看取りは本質への入り口であるため、私たちは存在の根本原理に近づく必要があります。
この動画では『循環』についてお伝えしていますが、もっとも身近なこととしてお金の循環についてお話しています。

 

自分の視点だけで見ている状態

お金の価値観というのは、過去の経験に基づいて非常に強い信念で出来上がっています。とくに私たちの親世代は、戦後の何もない状態から、日本の経済復興のために強い信念を元に生き抜いた時代です。ということは、お金だけでなく物質への思いが強く、私たちはその信念に従って育てられ様々な経験をしています。

どうしてもプラスかマイナスかという二元論で考えてしまいますが、ビジネスをしていくためには循環を知る必要があります。プラスかマイナスかというのは自分自身の視点しかなく、常に不安や恐怖を伴い、自分のことしか考えないため自我が強くなっていきます。そしてその不安や恐怖に自分自身が病んでしまうんですね。そのため視点を全体性(Oneness)に拡大しましょう。

 

起業する人の視点

雇用されている立場と起業している立場では、お金の視点がまったく違います。筆者自身も起業するとき、私は一体何を知らないのだろう?と不安でした。それはお金の考え方について教えてくれる人はいないからです。社会は優劣の二元論でできていますので、不利になるようなことは教えないんですね。ぜひこの動画で考え方を学習していただきたいと思います。

雇用の状態では天引きされているものや会社が支払っているものがあり、自分の収入の全体像を見ることができません。一方、起業は自分自身の収入をすべて把握することになります。よって税金も自分自身で計算した上で支払っていく必要があります。全体を俯瞰する視点を持ちましょう。

 

人間関係の視点を応用する

お金の認識を変えるとき、Innner peaceやOKnessで学習した人間関係の学習が役立ちます。自分が見ている視点と、相手が見ている視点は、まるで逆であることを伝えました。収支に関しても自分の視点と相手の視点は真逆です。よって目の前の収支だけでなく、その先は、その先は、その先は…と、影響や循環を見通す必要があります。そうした循環によって生じた残りが収益であるということを学習しましょう。

 

社会の豊かさとは

日本は高度成長期を経験しています。どのように経済発展が行なわれたのでしょう?それは戦後の何もない状態から、次々と新しいものを創っていったことです。江戸時代にはなかったものを創り、その売買によって日本経済は大きく膨らみ、一気にバブル経済まで上り詰めたんですね。多くの人が創造し、投資し、流通するお金の量を増やしていきました。

看取り対話師はまさに生まれたばかりの新しい商品です。昨今、景気の低迷と少子高齢化で消費が落ち込んでいますが、唯一増えていくのが介護や看取りです。そしてモノを売る時代は終わり、知識や個人の価値が商品になる時代となり、この活動が誕生しました。私たちは病院ではできなかったことを心を込めて行うことで、社会に精神的な豊かさをもたらしていきましょう。

 

 
看護師研修はこちら

 

 

 

 

この記事を書いた人

 

 

 
看取り対話師協会主宰
一般社団法人日本ナースオーブ
代表理事/せのようこ
看護師経験30年

認知科学・コミュニケーションの講師を15年務める。より良いお看取りを日本に広めるため、経験10年以上の看護師チームで保険外訪問看護サービスを開始。
代表よりご挨拶

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
以下の動画は看取り対話師研修受講者専用です
会員はログインしてください

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。ログインはこちら

関連記事

  1. 日本が取り戻すべきもの-言霊学①五十音の力 / 心理プログラ…

  2. 身体はひとりに一つ、幸せになるための道具

  3. 時代の変化とともに人を理解する/心理プログラムInner p…

  4. 看取り対話師の人間関係の考え方 /心理プログラムInner …

  5. より良いお看取りのために看護師ができること/心理プログラムI…

  6. より良く人を理解するための力を養う/心理プログラムInner…

申し込む
注目する
18 感想文
最新
最も古い 高評価
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
PAGE TOP
18
0
みなさんでディスカッションしましょう。x