身体はひとりに一つ、幸せになるための道具

看取り対話師協会コンセプト

看取り対話師協会は、卒業後は講師を含めて上も下もない仲間です。皆それぞれに歩んで来た道には違いがあり、看護師としての経験や、それぞれの能力を尊重したいと思っています。今さまざまなコミュニティ活動が広まって来ていますが、私たちは看取り対話師協会独自の在り方として、<ホメオスタシス・システム>を開発しています。

 

ホメオスタシスとは

身体は約60兆個の細胞が「恒常性」を維持しています。恒常性(ホメオスタシス)とは、身体の外から受ける環境や内部の変化にかかわらず、身体の状態(体温・血糖・免疫)を一定に保つことを言います。のみならず、小さな細胞はそれぞれに互いの機能を推し測りながら、不足している部分を補う働きや、側副路を形成して助ける作用があります。いかなる小さな細胞も必要不可欠な存在であり、すべての細胞のバランスによって私たちの「健康」は守られています。

 

身体の仕組みに習う在り方

看取り対話師協会は経験豊富な看護師が多人数で力を合わせ、かつ、各々が自立して活動を営みます。今、多くの組織で在り方が見直されていますが、私たちは身体の仕組に習ってTEAM運営をします。その詳細はBeing(ただ在るがまま)の授業でお伝えしています。身体はひとりに一つ、一生に一つ与えられた「しあわせになるための道具」なのです。問題が起こったときは全体を俯瞰し、活動の源である『呼吸』に戻ってくることで”気づき”が得られるようになっています。身体が生き方のお手本。それが看取り対話師の在り方です。

 

 

 

 

 

 
介護・みとりの意見交換会をしています

 

 

 

 

 
看護師研修はこちら

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

 

 

 
看取り対話師協会主宰
一般社団法人日本ナースオーブ
代表理事/せのようこ
看護師経験30年

認知科学・コミュニケーションの講師を15年務める。より良いお看取りを日本に広めるため、経験10年以上の看護師チームで保険外訪問看護サービスを開始。
代表よりご挨拶

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
以下の動画は看取り対話師研修受講者専用です
会員はログインしてください

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。ログインはこちら

関連記事

  1. 看取り対話師研修動画OKness

    2023.8.20 OKness①

  2. 愛は知ることから始まる/Love①

  3. 幸せも不幸も健康も人間関係上にある/Oneness⑩

  4. 看取り対話師研修動画OKness

    2023.9.17 OKness⑤「自分ってなに?」

  5. Oneness④「時間を超える」-2023.10.26

  6. より良く人を理解するための力を養う/Inner peace⑤…

PAGE TOP
PAGE TOP