言葉で生きた世代への関わり方 /心理プログラムOKness③

看取り対話師は「対話」を大切にしています。
私たちが生きていく上での人間関係あるいは介護において、言葉の行き違いや気持ちの行き違いが多く、コミュニケーションを学習した看護師が家庭内で第三者として関わることで、穏やかな最期を迎えていただきたいという想いがあります。

対人コミュニケーションには言語によるものと、非言語によるものがあります。
この動画では、とくに言葉による対人コミュニケーションについて学習します。

 

感情を抑え込んだままの戦後の世代

高齢者さんの話を聞いていると、人に対してたくさんの感情を抱えています。とくに兄妹や子供やパートナーなど身内に対する感情が多いと思います。また戦争で大切な人や多くの物を失い、不安や恐怖、悲しみや淋しさを心の中に抑え込んだまま、社会復興に尽力して来た人が多いのではないでしょうか。

感情はすべて言葉によって成り立っています。「こわい」「不安」「心配」「淋しい」「悲しい」など、もし言葉がなければ漠然とした感覚に過ぎませんが、言葉があるから私たちはその感情を感じます。よって戦後を生きた高齢者さんは、心の中にたくさんの言葉が詰まっているだろうと思います。そして言葉は時間経過と共に身体の奥深くに記録され、身体はその言葉によって疲弊していきます。それが私たちの魂です。

 

言葉で生きた戦後の世代

日本人はそもそも感覚的な力に長けていましたが、戦後のGHQの介入によって日本文化に大きな変化が生じました。そのために使われたのはテレビ、ラジオ、新聞などです。多くの日本人が初めて見る電化製品に魅了され、言葉によって多くを学ぼうとしましたが、同時に言葉を真実だと思う文化が広がってしまいました。

よって戦後を生きた世代の人は自らの感覚よりも「他者の言葉」を信じ、言葉に重きを置いて生きた時代です。現代人の若者や子供たちは感覚が優位で、私たちも自分の感覚を取り戻す努力をしていますが、やはり高齢者さんへの関わりは言葉の関わりが重要です。

 

魔法の質問

この動画で学習する「魔法の質問」は、唯一言葉で行うコミュニケーションです。有用なコミュニケーションは意見することよりも、質問することで相手が自分自身に気づけるように促すことです。ここでは5つの質問を学びますが、自分自身に使うことによってハッと何かに気づいたり、ふっと問題を解決できたり、意識の拡大が起こることがあります。魔法の質問は、まず自分自身に使ってトレーニングしましょう。

 

思考のつながりを客観視する

「言葉」の中には、たくさんの「言葉」が詰まっています。たとえば「幸せ」という言葉の中に、どういう言葉があるでしょうか?これは人によって違いがあります。自分にとっての幸せを意味する言葉が、その中にたくさんあるでしょう。こういった言葉のつながりが思考であり、その思考のつながりを客観視することによって、魔法の質問を効果的に使えるようになります。自分を理解し、他者を理解するために、1日1分トレーニングしましょう。

 

 
介護・みとりの意見交換会をしています

 

 

 

 
看護師研修はこちら

 

 

 

 

この記事を書いた人

 

 

 

 
看取り対話師協会主宰
一般社団法人日本ナースオーブ
代表理事/せのようこ
看護師経験30年

認知科学・コミュニケーションの講師を15年務める。より良いお看取りを日本に広めるため、経験10年以上の看護師チームで保険外訪問看護サービスを開始。
代表よりご挨拶

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
以下の動画は看取り対話師研修受講者専用です
会員はログインしてください

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。ログインはこちら

関連記事

  1. 自分自身の仕組を学び未来をつくる方法 /心理プログラムOKn…

  2. 世界との新たなつながり方にチャレンジする / 心理プログラム…

  3. 幸せも不幸も健康も人間関係上にある/心理プログラムOnene…

  4. より良いお看取りのために看護師ができること/心理プログラムI…

  5. 争いをやめるための考え方 /心理プログラムOKness②

  6. 人が存在する意図を学ぶ/イントロダクション②

申し込む
注目する
18 感想文
最新
最も古い 高評価
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
PAGE TOP
18
0
みなさんでディスカッションしましょう。x